操業データ分析

7_001操業データを用いた相関分析事例で、相関係数とRT法(Recognition Taguchi method)を用いて設備の異常診断を行っています。多数の項目、データをアジョイントマハラノビス距離(AD値)という1つの指標で表すことで、大規模かつ複雑なデータでも有意な情報をわかりやすく提示可能です。異常発生時にAD値も急激に変化しており、この値を評価することで事前に異常の兆候を察知できます。