回転体内の粒子挙動

Kirn
回転体内の粒子挙動を離散要素法(DEM: Discrete Element Method)を用いて表現した事例です。粉体に水分が介在すると粒子間に付着力が働き、乾いた状態とは異なる挙動を示します。ここでは、付着力の有無による粒子挙動の差を示しています。オープンソースの解析ソフトを使用しています